Archive for the ‘写真’ Category

미국은 우리의 핵과 공존하는 법을 배워야 한다

주체102(2013)년 5월 23일 로동신문

얼마전 미집권자가 청와대안방주인과 마주앉아 내뱉은 소리라는것이 황당하기 그지없다.

북조선이 《평화적인 길》을 받아들이기로 결심했다면 미국은 대화에 나설 준비가 되여있다,그러한 《결단》과 《변화》가 없는 한 국제적고립에서 벗어날수 없다는것이다.여기서 《평화적인 길》이란 다름아닌 우리의 핵포기이다.까마귀 열두번 울어도 까욱소리뿐이라고 반공화국적대의식과 체질적인 거부감에 절어있는 미국상전과 가풍과도 같은 외세의존의식에 사로잡혀있는 남조선집권자사이에 다른 소리가 나올리 만무하다.마치도 대화를 우리에게 베푸는 선사품으로 간주하는 미국의 관점도 황당하거니와 평화에 대한 그들의 론리는 참으로 가소롭다.

조선반도의 평화는 강위력한 핵무력우에 있다.

지구상에는 정치와 경제,군사전략적리해관계의 대립과 모순으로 산생된 열점지역들이 적지 않다.하지만 조선반도처럼 대국들의 절실한 리해관계가 얽혀 핵과 평화가 불가분리의 관계를 이루는 곳은 없다.(전문 보기)

[Korea Info]

 

一枚の写真  第1回汎民族大会

                      金 炯 斤(キム・ヒョングン)

 1990年8月13日、私は白頭山に立った。祖国解放45周年になるこの年に、民族の統一への願いを担い、8月15日にピョンヤンで第一回汎民族大会が開催された。幸運にも私は在日の代表の一員として参加した。写真は行事の一環としPhoto900813 て白頭山で行われた統一大行進の場面である。青年同盟のイルクンのとき、1960年南朝鮮の4.19人民蜂起を迎えた。「行こう北へ!来たれ南へ!」と南朝鮮全土にこだました青年学生達の統一への喊声がよみがえる。以来統一運動は40年以上にわたるイルクンとしての私の人生そのものであった。その間、私は73年と85年に記者として北から板門店を越えソウルに行き、南の記者や同胞たちに会った。東京や北京でも南朝鮮同胞らと話したりもした。

 今年は6.15南北共同宣言が発表され7年になる。17年まえに白頭山に立ったその当時を思い起こせば感慨ひとしおだ。「ウリ民族キリ」の旗の下にわが民族自身の力で分断の歴史を断ち切り、統一への一大転換期を迎えた。統一は待てば来るものではない。それを妨害する反対勢力との熾烈なたたかいをともなう。

 亡国の民としての40年に祖国分断60年の辛酸をなめつくした在日にとって統一運動は最大の権利擁護運動である。いまこそすべての同胞が言葉ではなく行動する良心として一丸となって、統一実現のために行動すべきときではないか。(写真前列左から2番目が筆者、祖国平和統一協会幹事)
朝鮮商工新聞2007.6.19]                                                

《웹 우리 동포》후원 안내
カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
バックナンバー
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007